毛周期(ヘアーサイクル)とは?

毛はいつまでも成長していくものではなく、成長期が終わると自然に抜け落ちてしまい、次々とまた新しく生まれ変わっています。

仕組みとしては、毛母細胞は分裂することで新しく毛が生み出されて、古い毛がどんどん上の方へ押し出されていくようにして成長して行く時期が毛の成長期にあたります。

そして、毛母細胞の分裂が止まり、毛の成長が止まります。毛球は毛乳頭から離れて収縮を行い、毛は自然に抜け落ちます。この状態が退行期にあたります。

この後すぐに、また毛を作り出すのではなくて、しばらくの間、毛乳頭は活動を休止する期間があるんです。その状態が休止期にあたります。

このしばらくの間の休止期が終わると、毛母細胞の分裂が再び再開されて、成長期がふたたび始まり、新しい毛がまた会えることになります。

毛はこのように成長期⇒退行期⇒休止期のヘアサイクルを繰り返しています。このサイクルのことを毛周期(ヘアーサイクル)と呼ばれるものなのです。

脱毛サロンに通う上で、この毛周期というのはとても重要なことなのです。これを無視して脱毛行っても効果が半減してしまいます。

脱毛サロンに通う時に2~3ヶ月おきに通う理由はこのようなことからなんです。

この中でも成長期にあたる時期しか、脱毛の効果がないので、すべての毛根が成長期を迎えるのに合わせながら脱毛行っていく必要があるのです。

さらに細かく言うと、毛の成長期は体の部位によっても違いがあり、髪の毛の成長期は2~6年と長く、腕は3~5ヶ月、脚は4~6ヶ月、ワキは3~5ヶ月、ビキニラインは1~2年と、部位によっても大きく違いがあることがお分かりいただけると思います。

脱毛機をデリケートゾーン(Vライン)脱毛で選ぶ

Vラインはカミソリの使用や、下着が擦れることで、色素沈着による黒ずみが最も起こりやすい場所です。

自己処理を続けた期間が長いほど、お肌が回復するのに時間がかかります。

ムダ毛のお手入れとともに、お肌へのトリートメントを行うのが美肌への近道です。

美顔器機能が付いたフラッシュ脱毛器なら、ムダ毛とダメージ肌の両方へアプローチしてくれますよ。

「細かいところも処理しやすい」家庭用脱毛器の中には、Vラインを含む全身脱毛が可能な機種も多く販売されていますが、選ぶならVラインなどの細かいお手入れ用に適した、専用ヘッドが付いているものがおススメです。

Vラインは下着からはみ出る部分を処理するだけでなく、希望のラインに仕上げられるのが魅力です。

大きなヘッドだとお手入れしづらいだけでなく、こうした細やかなケアが出来ません。

せっかくお手入れするなら、あなただけの美しいVラインを手に入れたいですよね。

見えないところのムダ毛のお手入れもきっちり行って、女子力をアップさせちゃいましょう!

価格&性能比較一覧表

「ラヴィ」本体価格49,000円 カートリッジ1個あたりの照射回数20,000回家庭用脱毛器で最高クラスの照射パワーを誇るラヴィ。

人には見られたくないVIラインもサロン並みのお手入れが可能です。

ハイパワーなのにお肌に優しく脱毛が出来るため、脱毛エステからラヴィに乗り換える人が続出しています。

「センスエピ」本体価格29,900円 カートリッジ1個あたりの照射回数750回美容大国イスラエル発のフラッシュ式脱毛器です。

お肌を守る肌色センサーなどのセーフティー機能が充実しています。

カートリッジの寿命が短いため、ランニングコストがかかるのが難点。

コストパフォーマンスの更なる改善が期待されています。

「ヒカリエピ」本体価格24,800円 カートリッジ1個あたりの照射回数1,500回フラッシュ式脱毛器の中で最も低価格のヒカリエピ。

お金をかけずにフラッシュ式脱毛デビューをしたい人におススメの、ビギナー向けの脱毛器です。

低価格ですが、脱毛の効果はバッチリなので初めてでも安心して使用できますよ。

自分にとって本当に良い脱毛器を、価格だけで選ぶのは難しいですね。

それぞれの特徴をよく知って、あなたにピッタリの家庭用脱毛器を見つけてくださいね。

脱毛前の予防注射はOK?

予防接種直後はワクチンが原因で起こるアラフィラキシーショックの可能性もあるため、安静に過ごす必要があります。

予防接種を受けた後は、無理をせず体調の変化に注意しましょう。

それでは家庭用脱毛器を使用する場合はどうでしょう?家庭用脱毛器のメーカーのほとんどは、予防接種についての注意事項は明記されていません。

クリニックやエステで使われている機器に比べると、家庭用は出力が低く抑えられているため、特に使用後のトラブルの報告はないようですが、お肌のトラブルを防ぐためにも念のため、接種後の傷が治るまでは脱毛器の使用は控えた方が良いかも知れません。

また接種後に腫れやだるさを感じたら無理せず、コンディションが回復するのを待ちましょう。

インフルエンザはもちろん、脱毛後の肌トラブルからも体を守るために、クリニックやエステに脱毛の予約を入れる場合は、予防接種から十分な日数が開いているか、しっかりと確認をしておきましょう。

予約が取りにくい脱毛サロンとは

脱毛サロンでムダ毛のお手入れを始め美肌のためと頑張る女性も多い中、途中で辞めてしまう女性も多く存在しています。

せっかく契約をして、お手入れに通っていたのになぜやめてしまうのでしょう?

その理由として、「肌トラブル」や、「お手入れが痛かった」など、生理的なものもありますが、それらは滅多に聞きません。

よく耳にするのが、「通うことがしんどくなった」や、「面倒になった」。
一番多いのが「予約が取りづらく、いつになってもお手入れが出来なくなってどうでもよくなってしまった」と言うもの。

こういった言葉からわかるように、脱毛サロンを選ぶポイントとして、料金や技術の次に大切なのは予約のとりやすさだと思います。

中でも予約が取りづらいと口コミを多く見かけるのはあの大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」。
電車の広告やインターネットの広告などで大きく取り扱われており、
今や店舗数、売上ナンバーワンを誇っている有名脱毛サロンです。

脱毛の痛みをマシにする方法は?

脱毛期間中は特に保湿を念入りに行って、お肌の潤いを守りましょう。

脱毛前の保湿は痛みを和らげるのに効果的ですよ。

「クールダウンで痛みをカット!」脱毛時に痛みを感じやすい人の中には、脱毛後に赤みやかゆみが出る人も。

脱毛箇所のお肌を冷やすことは、痛みを和らげるだけでなく、これらの症状を早く治すのにも効果的ですよ。

脱毛前のクールダウンは脱毛時の痛みに、脱毛後の

クールダウンは赤みやかゆみを抑えてくれます。

「毛剃りによる肌荒れに注意!」レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などは、施術前に脱毛箇所の毛剃りを行いますが、この毛剃りでお肌を傷つけてしまうことがあるのです。

気づかないうちにお肌に傷があると、脱毛時に強い痛みを感じたり火傷などの原因となることがあります。

脱毛前の毛剃りは無理に深剃りしようとせず、軽くお肌の上を滑らせるようにしましょう。

おススメはカミソリより電気シェーバー。

お肌を削ってしまう心配がないので安心ですよ。

脱毛の痛みを和らげるには、普段のスキンケアと脱毛前後のクールダウンがポイント!

痛みに敏感な方は、ぜひ1度お試しあれ!

腕脱毛で選ぶ

家庭用脱毛器もいくつかの種類があって、レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器やムダ毛岳を挟んで引き抜くタイプの脱毛器、熱線で焼ききるタイプの脱毛器などがあります。

でも今主流なのは、フラッシュ脱毛器が1番の主流となっています。

タイプで言うと、脱毛サロンで使用している脱毛器と同じです。

家庭用フラッシュ脱毛器の中には、業務用と同じ照射範囲や照射レベルを持つ本格派も。

「カートリッジの寿命が長い」広範囲のお手入れをする時に重要なのがコストパフォーマンス。

本体価格の安い脱毛器を買ったけれど、カートリッジの寿命が短くて結果的に高い買い物になってしまった、という悲しい失敗体験談も。

選ぶならカートリッジ1個あたりの照射回数が多いものがおススメ。

ランニングコストが安いことも、お手入れを続ける重要ポイントです。

「軽い」ひじ周りや二の腕など、見えづらい場所が多い腕。重い脱毛器を選んでしまうと、腕がだるくなってしまい、お手入れの時間が辛いものに。

脱毛器を選ぶ時は軽さもチェック。

軽くて疲れない家庭用脱毛器で、お手入れをラクチンにしちゃいましょう。

あなたにピッタリの家庭用脱毛器を選んで、夏までにムダ毛のないツルスベ素肌を手に入れちゃいましょう。

脱毛にかかる料金について

脱毛デビューをしたいけど分からないことが沢山ある、なんて方は多いと思います。

分からないことや不安として、よく耳にするのが、「痛みがあるのかないのか」、「本当に効果があるのか」、「勧誘はしつこくないか」などなど様々です。

しかし、その中でも一番、脱毛デビューを躊躇してしまう理由として大きなものが「料金はどのくらいかかるのか」という点。

脱毛サロンやクリニックでの脱毛は実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

まず最初のポイントとして挙げられるのは、キャンペーンについてです。

多くの脱毛サロンでキャンペーンや初回限定価格が設けてあるのをよく目にします。

その値段は破格に安いですよね。ですが、そこに落とし穴があるケースがあります。

何かといいますと、キャンペーン中や初回限定価格のみ安く、2回目やキャンペーン終了後は通常料金となり、それがとても高額だったと言うもの。

初回やキャンペーンだけ安くても、お手入れを続けるなら高額になってしまうのは少し怖いですよね。

最近では脱毛方法も様々なものがあり、クリニックの医療レーザー脱毛、脱毛サロンのフラッシュ脱毛にしても、様々な進化を遂げています。

どちらに関しても永久脱毛という言葉はあまり使用できない状況になっていますが、しっかりと感情まで続けた方は、ムダ毛の処理が入らなくなったという声も耳にします。

でも、多くの方が途中で脱毛を止めてしまうということも多いことから、しばらくしたらまた生えてくるなんて人も多いみたいです。

なのでなるべくお得に安く脱毛を済ませるのであれば、行くかお試しで通った後に、自分に合う脱毛サロンを1カ所選び、完全に脱毛が完了するまで通い続けることが大切です。

長い目で見るとその方法がいちばんお金がかからず済む方法です。

除毛クリームの除毛がいけないわけ

クリームを一定時間お肌に放置するわけですから、もちろんお肌への刺激も心配ですよね。

敏感肌の人や生理中に除毛クリームを使用すると、お肌に赤みが出る場合があります。

人によっては除毛クリームの成分でアレルギー症状が出ることも。

お肌のコンディションが悪い時には使用しないこと、使用前には毎回必ずパッチテストを行って、異常がないか確認することが重要なのです。

また、除毛クリームのツンとくる臭いが苦手な人も要注意です。

最近は臭いを抑えたものも増えていますが、やはり刺激臭がするものがほとんどです。

洗い流した後もお肌に臭いが残ることが多く、長時間にわたってお手入れを続けた為に、不調を訴える人もいるので注意が必要です。

お肌への刺激や臭いが気になる除毛クリーム。

最後に注意しておきたいのがその効果について。

除毛クリームは使用を続けても、ムダ毛を細くしたり減らす効果はありません。

特に濃いムダ毛には効果が出にくいこともあるのでご注意を。

あくまでも一時的なお手入れ方法の一つとして、パッチテストを行うなど十分に注意をしながら使用しましょう。

やはり安全性を考えた脱毛を考えると、医師や看護師がいる湘南クリニック 川崎 脱毛 口コミのようなクリニックがお勧めです。

脱毛前の予防注射について

今年も流行が予想されるインフルエンザ。

かかってしまうと数日間は仕事を休まなければいけないため、年々大人の予防接種希望者が増えています。

もしインフルエンザに感染しても軽症で済むなら予防接種は受けておきたいですよね。

インフルエンザなどの予防接種、脱毛前に受けても施術は可能なのでしょうか?

この季節は、脱毛エステの予約を忘れてうっかり予防接種を受けてしまったという人も少なくありません。

これから予防接種を受けるなら、脱毛の予約を入れる前に脱毛と予防接種の関係についてしっかりお勉強しておきましょう!

湘南クリニック 広島 脱毛 口コミやエステの場合、施術日の前後1週間程度は予防接種を受けないように呼びかけています。

針を刺すため注射をした部分のお肌には傷が出来ますので、脱毛はもちろんNGなのですが、予防接種後に腕が腫れたり、だるくなった経験はありませんか?

個人差はありますが予防接種後は患部が腫れたり、発熱することがあります。

私は大丈夫だろうとなんて思わず気を付けたいものです。